バリ島へ移住を考える

インドネシアのバリ島はリゾートとして有名な島です。
また、日本に比べて物価がとても安いことから移住しやすいのではないかと考える人が多いようです。
今回はバリ島へ移住する際のメリットとデメリットについて見ていきます。
最大のメリットは、やはり物価の安さです。
目安としてだいたい日本にいる場合の半額程度で生活することができます。
近年はASEANとして経済発展を目指していることもあり、物価はだんだん上昇していますので、あくまで目安としてください。

そして、自然が多いことも大きなメリットです。
リゾートとして発展してきた島ですから、中心地はそれなりに都会ですが、少し離れるとのどかな田園風景が広がっています。
このような環境に憧れた日本人の移住者が増えているため日本人会が設立されており、心細い思いをしないで済むでしょう。

デメリットもあります。
インドネシアの公用語はインドネシア語ですが、バリ島ではバリ語など島によって独自の言語が発達しています。
リゾートでは英語が出来るスタッフがいるため、それほど不自由しないかもしれませんが、いざ現地で生活するとなるとやはり現地の言葉を覚える必要があり、始めは苦労する人もいるかもしれません。
さらに、インドネシアでは、外国人が土地を買うことが認められていません。
そのため、詐欺に遭うなど不動産に関わるトラブルに巻き込まれる日本人は少なくありません。
信頼できる業者に依頼するなどの対応が必要になります。

Copyright © 2014 バリ島の生活のポイント! All Rights Reserved.